親族への引き出物の予算はいくらぐらい?みんなの気になる引き出物事情をご紹介!

親族への引き出物の予算はどれぐらい?みんなの気になる引き出物事情をご紹介!

結婚式、披露宴、二次会等に欠かせない引き出物。

でも初めての引き出物選びは悩む所も多いですよね。

両親、親族に喜ばれる引き出物、同性に喜ばれる引き出物、同年代の方に喜ばれる引き出物、幅広い年代に喜ばれる引き出物等、現在は多種多様な引き出物が存在し、引き出物も選べる反面、種類が多すぎて何を贈ったら良いのか分からないというお悩みも数多く頂きます。

一般的には贈った相手に選んでいただけるカタログギフトが多い傾向ですが、それ以外にも食器やスウィーツ、日用品等も贈って喜ばれる品物としてオススメです。

こちらでは両親や親族への引き出物の相場とは?~カタログギフト・宅配ギフトの内容まで詳しくご紹介しますので、ぜひ引き出物選びのご参考にお役立て下さい。

引き出物の意味

引出物とは、結婚式等の祝い事で招待客に配られる贈呈品のこと。

お越し下さった親族、ゲストへの感謝の気持ちを表すという意味もあります。

また結婚式で贈る引き出物には、新郎新婦の夫婦としてのご挨拶も含まれる為、大変重要な物となります。

新しい家族としてのご挨拶には、素敵な引き出物で思い出に残る贈り物としてお役立てください♪

引き出物の歴史

引き出物とは、宴の席等でお土産の馬を引き出して見せたのが名前の由来と言われています。

日本には古くからある習慣であり、主に鰹節などの食品が配られていました。

また、披露宴の料理の一部をお土産として持ち帰るのも一般的でした。

近年ではカタログギフト食器バームクーヘンスウィーツ等の記念の品を渡すのが主になります。

引き出物のタブー

基本的に「別れ」を連想させる物はタブーとされています。

例えば、はさみや包丁などの刃物は「切れる」=「別れ」を連想させる物であり、避けるべきです。

また「猿」の絵柄の入った物は「去る」を連想させるので、これらも避けるべきです。

古くはお皿も「割れる」=「別れ」を連想させるので、タブーとされていました。

近年ではお皿などの食器類も一般的になりましたので、食器類に関しては問題ありません。

地域によっても事情が異なりますので、両家で相談される場合もあります。

現在のトレンド

一時期は新郎新婦二人の名前が入った記念の品(食器等)が多かったのですが、貰ってもその後の使い道に困る例が多く、こういった物は減少傾向にあります。

現在は持ち帰るのに苦では無い物。

カタログギフトや、重量が軽い消耗品等が多くなっています。

引き出物を贈る相手

親族への引き出物

親族に贈る引き出物は友人や上司よりやや値段として高めの傾向になっています。

ご祝儀の金額も高くなりますので、引き出物もお酒やお肉、漆塗りの食器類、有田焼の食器等、比較的高価な物が多いようです。

会社の上司への引き出物

賓としてお越し頂いたり、挨拶をお願いすることも多いため、お礼も兼ねて友人や同僚とはランクの違う物を贈るのが失礼のない引き出物になります。

会社の同僚への引き出物

一般的なご祝儀が約3万円なので、その金額に対してのお返しで考えると3,000円、5,000円、7,000円あたりが一般的です。

カタログギフトや消耗品として、普段使って頂ける物が喜ばれる傾向にあります。

友人への引き出物

こちらも会社の同僚と同じく3,000円、5,000円、7,000円あたりで考えるのが一般的です

ただこちらは気の置けない間柄ならではの趣味にあった小物等でも喜ばれるでしょう。

引き出物の渡し方

引き出物の渡し方のマナー

多くの場合は会場の席の近くに置いてあると思います。

会場によっては席の近くに置けない場合もありますので、事前の確認が必要となります。

こういった場合は会場外でお渡しするのが良いでしょう。

失礼にあたる渡し方

ご祝儀の額を見て後日、引き出物を選ぶといった例もありますが、こういった事は失礼にあたります。

引き出物は事前に用意しておくべき物であり、当日にお渡しできない物は、事前に会場等でアナウンスが必要になります。

親族、両親、兄弟、への引き出物

両親には引き出物は必要?不必要?

これには色々な意見やお住まいの地域により異なります。

不安な場合にはよく相談されてからの準備が良いでしょう。

両親が招待する側の場合は不要

一般的には両親が招待する側の場合には、引き出物は不要のようです。

招待する側とは披露宴の費用を援助してもらっている場合や、招待状を両家の連名でお贈りしてる場合等になります。

こういった時には引き出物は不要になるようです。

両親には花束や記念の品等を渡すのが一般的です。

両親もゲストの場合は必要

結婚式、披露宴の費用等、を自分たちで出している場合、また招待状の名前を新郎新婦の名前で出している場合には、両親はゲストという事になります。

こういった場合は両親にも引き出物が必要とはなるが、用意しないケースも多い。

兄弟への引き出物

兄弟への引き出物は既婚の場合には贈る場合が多く、未婚の場合は不要とする形が多いようです。

こちらも例外や色々なケースがあるので、本人に確認してみるのが良いでしょう。

親族への引き出物

結婚式は日頃集まれない人達も集まる良い機会にもなり、お互いの親族の紹介も行われます。

今まであまり会っていなかった親族同士が結婚式を機に親しくなったという例もあり、結婚式が架け橋となる場合もあります。

お互いの親族とはこれから親戚付き合いも始まりますので、今後のご挨拶も兼ねたきちんとした引き出物を贈りたい所ですね。

親族へ贈る引き出物としては、年齢層の高い方にも喜ばれる物が良いでしょう。

例えば、ブランド食器であったり、焼物、今治タオル等の高級タオル等がおすすめです。

遠方の方への引き出物

遠方から来て頂く方への引き出物には、重くない物、かさ張らない物を意識して渡すように意識したいですね。

また、どうしても重くなってしまう場合には郵送する方法もあります。

この場合は当日には引き菓子やプチギフトのみのお渡しでお帰り頂くので喜ばれるケースも多く、おすすめの方法です。

何も連絡が無い場合は引き出物も用意していないと思われてしまう場合もあるので、こういった場合には事前にお知らせする配慮は欠かせません。

引き出物の数

引き出物の数も悩みどころの一つです。一般的には「分けられない」という意味もある奇数が良いとされています。

これには色々な組み合わせがありますが、例えば引き出物2つと引き菓子1つのような場合や、引き出物と引き菓子としきたり品の3点の場合等があります。

また、親族や上司には5つにして、友人には3つ等の贈り分けをする時もあります。

引き出物の選び方

喜んで頂ける品物から考えるのも一つの方法ですが、予算から計算して選んでいくのも一般的です。

予算で選びやすいカタログギフトや、インターネット等を活用すれば予想以上に多くの種類を選ぶ事が出来ます。

最近はカタログギフト、食器、スウィーツ等が人気です。

気を付けたいのは二人の趣味嗜好を押し付けすぎない事。

自分達と同じようにこの品物なら喜ぶという考えは、受け取る側により異なりますので、貰う立場の気持ちに立った引き出物選びがポイントになります。

迷惑にならない引き出物

かさばらない物

これは基本ですね。

遠方からいらっしゃる方もいますので、当日にお持ち帰り頂くものとしては、重い物、かさ張る物は避けるべきです。

どうしても重くなってしまう場合には、事前にアナウンスした後で、後日郵送にてお贈りするのが良いでしょう。

消耗品

普段お使い頂ける消耗品は、贈る相手を選ばずに喜ばれます。

様々な年代の方がいらっしゃる結婚式ですから、老若男女問わず喜ばれる物といえば消耗品がオススメです。

結婚式の引き出物、贈る方と頂く方の相違点

贈る方は良かれと思って選んだ物でも、頂く方としてはあまり喜ばれない物も確かにあります。

一時期流行ったお二人の名前が入った食器等は、頂いた方からするとなかなか使いづらい点も多く、こういった物は近年減少傾向にあります。

近年ではカタログギフトや重くない物(タオルや鰹節、スウィーツ等)が選ばれる事が多く、頂く側としても荷物になりにくいので喜ばれる傾向にあるようです。

一般的に贈られている引き出物の種類

カタログギフト

多くの方も頂いた事のあるカタログギフトだと思いますが、種類や値段は様々で、色々な場面を想定した物があり、「選んで頂けるギフト」として最適です。

食器

こちらも定番の品となりますが、どういったブランドやテイストの食器を贈るかで人柄やセンスが出る品になります。

実用性のある物なので、貰って喜ばれる事も多いでしょう。

引き出物と合わせて贈りたい引き菓子

気持ちとして、引き出物と合わせて贈りたい一品として、引き菓子がオススメです。

縁起の良いバームクーヘンや鯛モチーフのお菓子等、小さいお子様がいるご家庭にも喜ばれます。

引き出物宅配

引き出物宅配評判

最近は引き出物の宅配サービスも増えています。

式場に全て任せるよりかなり格安に揃える事が出来るのも利点です。

また、種類も多くお二人の好みの物も探しやすいといった点もあります。

遠方からいらっしゃる方も多い場合には後日の宅配もオススメです!

そういった場合には当日には引き菓子のみのお渡しとなりますが、事前にアナウンスやお手紙を渡すなどして、お知らせすると良いでしょう。

当日はプチギフトや引き菓子のみのお持ち帰りとなるので、荷物にもならず好評を頂ける場合も多く、現在増えているのはこのスタイルです!

人気の引き出物

やはりカタログギフト、ブランド洋食器、タオル類等が人気です。

最近は後日に宅配する場合も多いので、食器類も気兼ねなく選べる状況になっています。

喜ばれる引き出物

やはりカタログギフト!

自分で選べるというのが支持されている理由です。

ただ低価格のカタログギフトは貰いすぎて、マンネリ気味。。。

欲しい物が無いなんて意見もあります。

自分では買わないけど、時々使う高価な物等(ルクルーゼのグラタン皿等)や、また普段使う日用品、女性に喜ばれるブランド化粧品(ロクシタン等)も喜ばれるアイテムです。

引き出物の熨斗

のし(熨斗)とは?

「のし(熨斗)」とは、古くは薄く伸ばしたアワビを縁起の良い物として贈り物等に添えて渡したことからきており、その後昆布や紙が代用されるようになりました。

近年では、のし紙や祝儀袋が一般的となっています。

品物と一緒に目録をつけて贈るというしきたりも簡略化され、相手に中身を伝えるためにのし紙の表書きを書くようになりました。

水引きの種類

水引きには大きく分けて2種類存在します。

紅白結び切り

結び切りは水引きを「堅結び」にしたもので、一度結ぶと外れない。

「二度繰り返さない」という意味があります。

主に婚礼関係や全快祝い等に用います。

表書き

結婚のお祝いには、「寿、壽、祝御結婚、御結婚御祝、御祝」のいずれかを使うのが一般的です。

名入れ

のしの下段に入る名前としては、3種類あります。

○新郎新婦の性 (例:鈴木家、鈴木)

○新郎の姓名と新婦の名(例:鈴木太郎、横に花子)

○または新郎新婦の名(太郎、花子)

一般的に日本では家同士の結びつきと考えられているので、新郎新婦の性を記載するのが主です。

お住まいの地域やその他の意見もあるので、迷った場合はご両親へ相談されるのが良いでしょう。

内のし

内のしは梱包の内側にのしを巻きます。

内のしの場合には、お渡しする時に表書きは見えません。

内祝いに使われる場合が一般的です。

宅配便でお贈りする場合も、内のしが良いでしょう。

外のし

外のしは贈答品を直接お渡しする場合に用いります。

お渡しするお相手にもどういった意味かすぐ分かるので、結婚や出産等に用います。

贈り分け

ギフトの贈り分けの状況

招待客によってギフトの中身を変えたか(送り分けしたか)を尋ねたところ、「変えた」人が85%、「変えなかった」人が14%でした。(出典:ゼクシィ結婚トレンド調査 2015より)

このようにいらっしゃる方達に合わせてギフトを贈り分けするのが一般的となっています。

友人、同僚向け

平均的にご祝儀で頂く額が約3万円となり、お渡しする引き出物としては3,000円~7,000円が一般的なようです。

主賓向け

上司に来て頂く場合には挨拶をお願いする場合も多いので、お礼も兼ねて友人や同僚より1ランク上げた物が失礼の無い引き出物選びになります。

予算としては約5,000~10,000円が一般的なようです。

親族向け

親族には特にお世話になったり、ご祝儀を大目に頂く場合も多くいので、お渡しする引き出物も立派な物になる傾向が見受けられます。

小さい頃からお世話になっていた親族や、これから親戚としてのお付き合いが始まる親族には、ご挨拶も兼ねたきちんとしたブランド食器や予算としては約7,000円~12,000円が一般的なようです。

持ち込み料

持ち込み料はどうして高いのか?

式場や会場によっては引き出物等の持ち込み料を設定している所も多く存在し、見積もりを出してもらうと決して安くない金額になる事が多くあります。

持ち込み料の内約としては、引出物を受け取り検品する手間、パーティー当日まで預かる場所代や管理費用、当日に引出物をセッティングする費用が表向きの内容です。

結婚式とは成功して当たり前なので、どうしても管理は厳重になり、セッティング等、ある程度費用が掛かるのは仕方のない部分ではありますが、実際は式場と提携しているギフト業者を使ってもらえないというのは様々な点で式場側にとって不都合になる事が多いのもまた事実です。

ある程度持ち込み料を高くして、提携業者を利用するよう誘導するケースも少なからず存在します。

持ち込み料の費用が掛かってもネット通販がお得な訳

ご自分で用意して式場に持ち込むとその分余計に費用もかかり高いイメージがあると思いますが、ネット通販にてお買い上げ頂いた場合、式場で全て契約するよりも差額を考えると断然お得になるケースが多くあります。

例えば、定価5,400円のカタログギフトですと、トップブライダルでは1,000円以上お安くなります。

結婚式、披露宴、二次会等を行うと人数もある程度集まりますので、大変お得になります。

持ち込み料を差し引いても断然割安なので、お好きな物を選んで、お安く手に入るネット通販はオススメです。

持ち込み料を無料にする方法

交渉で値段が下がる場合もありますが、結婚式を成功させる為にもプランナーとの協力は欠かせませんので、大幅な値引きは控えた方が良いでしょう。

どうしても持ち込みの費用を掛けたくないといった場合には正式な契約の前に、「引き出物は宅配にする」という旨を伝えて持ち込み料を掛けないという方法もあります。

契約後ですと、変更が効かなくなる場合もありますので、こういった場合は本契約前に行うのが良いでしょう。

地域別

引き出物の相場は地域ごとに変わってきます。

もし転居などでその土地に長く住んでいない場合は、地域の方にそれとなく伺うのが良いでしょう。

下記では地域ごとの特性をまとめました。

北海道

北海道では、披露宴に出席する際にはご祝儀ではなく、会費制を用いる場合が多いようです。

また引き出物に掛ける金額は他県と比べると控え目な水準となっています。

会費制の場合は来て頂く場合にも負担が少なく参加しやすいので、参加人数は多めの盛大な結婚式を行う傾向にあるようです。

多い引き出物としては、日用品のちょっとしたプチギフトや、引き菓子としてバームクーヘン等のスウィーツが多いようです。

秋田県、山形県

東北地方では、披露宴でのお色直しの回数は全国トップで、パーティーの長さも全国トップになります。

結婚式は会費制の場合も多く、引き菓子のみのお渡しにする例も多いようです。

プチギフト(石鹸やタオル等)と引き菓子の組み合わせが定番のようです。

新潟県

新潟県は結婚式の引き出物が豪華な事で有名です。

五品目といって、引き出物を五つ用意するのが一般的です。

五つも用意するのは大変ですが、これにはそれぞれ定番の品があるそうです。

「引き菓子」「記念品」「松の葉」「籠盛り」「赤飯」の5品がこれにあたります。

「引き菓子」

いらっしゃるゲストにより内容を変える場合も多いそうですが、親族や上司には和菓子、友人関係には洋菓子というような例が一般的です。

最近は比較的、贈り分けはせずに洋菓子を選ばれる方が多いようです。

「記念品」

記念品にはカタログギフトや食器を選ばれる方が多いようです。

引き出物のメインの品となるので、予算的にも他の物と比べて高くなります。

「松の葉」

こちらには名入れの品物を贈る場合が多いようです。品物としてはタオルや手ぬぐい扇子等に名前を入れた熨斗を付けた物が一般的なようです。

「籠盛り」

籠盛りとは食品を籠に詰めた物で、ハムや鰹節等の日持ちの良い物が多いようです。

地元の特産品を選ぶ場合もあります。

「赤飯」

縁起の良いものという事で赤飯はよく用いられますが、新潟では引き出物の定番の品になります。

また地域ごとに豆の種類や調理法が違うそうで、それぞれの地域の特色やこだわりが色濃く反映されます。

石川県

主に金沢になりますが、引き出物として「五色生菓子」があります。

こちらは「日、月、海、山、里」を表した生菓子になります。


「日」とは一部を赤く染めた饅頭。


「月」は白い麦饅頭。


「海」は波の形の饅頭。


「山」はくちなしの色で黄色く染めた米粒が付いた饅頭。


「里」は丸い形の蒸し羊羹。


この5種類の饅頭と大きな鶴亀を模った餡子菓子のセットが引き出物の定番でした。

現在はこちらの形式は少なくなりつつありますが、和装の結婚式の場合にはこれらを贈る場合が多いようです。

滋賀県長浜市周辺

滋賀県では花婿が「花嫁が家に落ち着くように」との思いから、お餅をつく「落ち着きぼた餅」の風習があります。

現在では引き出物に紅白餅を付ける傾向が多いようです。

富山県

富山県ではかまぼこが引き出物の定番の品として贈られる場合が多いようです。

「ケーキカット」ならぬ「かまぼこカット」が実施されることがあるのも、富山ならではです。

愛知県

名古屋の結婚式は派手で豪華というのが有名ですね。

結婚式の引き出物にはずっしりと重い物をお持ち帰り頂くのが、古くからの定番でしたが、最近ではカタログギフトや、後日の宅配も増えてきています。

引き出物には5品以上で、赤飯やかつお節が好まれるそうです。

兵庫県淡路島

名古屋の結婚式は派手で豪華というのが有名ですね。

結婚式の引き出物にはずっしりと重い物をお持ち帰り頂くのが、古くからの定番でしたが、最近ではカタログギフトや、後日の宅配も増えてきています。

引き出物には5品以上で、赤飯やかつお節が好まれるそうです。

トップブライダルで揃えられる人気の引き出物

トップブライダルで揃えられる人気の引き出物

引き出物用紙袋

引き出物が決まったら引き出物を入れる紙袋も欠かせません。

トップブライダルならホテルや結婚式場で扱われている引き出物専用の紙袋も各種ご用意しております。

引き出物用紙袋

人気の引き出物一覧

ティアラ キューピット

ティアラ キューピット

人気の引き出物「ティアラ キューピット」

品質の良さが好評のハーモニックのカタログギフト。結婚式の引き出物にはティアラウェディングが好評です♪ 買うほどお得なティアラの見積もりサービスから、最大30%オフのカタログギフトセットまで、人気カタログギフトをお得にお求めいただけます。

お求めやすい価格帯で、人気ブランドから定番の食器類まで豊富に掲載されている点が人気の理由です。 お菓子やおしゃれギフトも数多く掲載されていて、性別年代問わずご満足頂けるカタログギフトになります。

定価3,888円(税込)

最大37%OFF!
20冊以上で高額割引対象!

お手軽簡単♪断然お得なお見積りサービス♪

高級ホテルや有名結婚式場でも扱われている人気のカタログギフト「ティアラ ウェディング」がさらにグレードアップ!!

よりお得にお買い求めいただける、見積もりサービスも好評継続中ですので、お気軽にご依頼ください!!

大人気!ティアラの見積もりサービス

ティアラのお見積もり

リュクス ペアメタル サーモタンブラー

リュクス ペアメタル サーモタンブラー

保温効果に優れた真空二重構造のステンレス製タンブラー

温かい飲み物も、冷たい飲み物もそのままの温度で長時間の保温が可能。

外側には熱が伝わりにくく、ご好評の一品。

定価 3,240円(税込)

期間限定セール中

熊野筆<66>ハートチークブラシ

熊野筆<66>ハートチークブラシ

メイク時間を楽しくしてくれる上質な熊野筆は大切な人へのプレゼントとしてオススメです。

見た目がかわいいだけでなく、いつまでも触れていたくなる心地よさが特長です。

専門の職人がひとつひとつ手作りした化粧ブラシは、熟練の技が光る贅沢なアイテム。

チークをほどよく含み肌で均一に伸びる、使い手を選ばない実力も選ばれている理由です。

高品質の化粧ブラシは女性のご友人に最も喜ばれる引き出物のひとつです。

定価 3,024円(税込)

期間限定セール中

お菓子

引き出物に欠かせないお菓子~定番バームクーヘン~

お菓子

バームクーヘンはドイツのお菓子で、古くから日本でも子供から大人まで人気のお菓子ですね。

バームクーヘンというのはドイツ語でバームは木、クーヘンはケーキという意味があります。

切った時の様子が木の年輪に似ている事に由来しています。

この年輪というのが繁栄や長寿を意味していて、新郎新婦二人の繁栄と幸せが続くようにとの思いで、引き菓子として使われることが多いです。

コータコート 極上バーム 生仕立て

幅広い年代に喜ばれるデニッシュパン

お菓子

甘い物が苦手な方にも喜ばれるデニッシュパンなら、引き出物としてお渡しする際にも安心です。

普段買うには少し手が出ないけど、ギフトとして貰うなら最適の選択になる場合も多いでしょう。 ふんわり贅沢な食感は頂いた方を笑顔にしてくれる事間違いなしです。

ブライダルデニッシュ

人気の引き菓子一覧

輪 rin 大きなたっぷり生バウム

輪 rin 大きなたっぷり生バウム

生クリームをたっぷりふくんで、ふんわり、しっとり焼き上げたバームクーヘンは、食べごたえも十分!

十勝産生クリームをたっぷり使ったしっとりとした食感のバームクーヘンを木箱に入れて。

上品な木箱に入った引き菓子は、お世話になった方への贈り物に最適です。

定価 1,080円(税込)

期間限定セール中

パティスリードルチェ 8C

パティスリードルチェ 8C

ダイヤの形をした特徴的なパッケージに、ミニバームクーヘンとバラケーキ、クッキーが詰めあわされています。

スタイリッシュな引き菓子は、カジュアルウエディングにもぴったりです。

定価 864円(税込)

期間限定セール中

結心 yui 幸せの小包 (七宝)

結心 yui 幸せの小包 (七宝)

クッキーとミニサイズのバウムクーヘンを風呂敷で包んだ、日本の伝統を感じさせるギフト。

風呂敷のデザインは『円満』を意味する伝統模様の『七宝柄』なので、ブライダルギフトとしておすすめです。

風味豊かなバウムクーヘンとクッキーは全て味が違うので、1人暮らしの方にも喜ばれる贈り物です。

定価 864円(税込)

期間限定セール中

縁起物

縁起の良い引き出物といえば定番のお赤飯

赤い色は邪気を払い、厄除けの力があるという言い伝えから、日本のお祝いごとには欠かせない存在です。

お赤飯も現在は種類が豊富で日持ちの良いパックにされたものや、かわいくアレンジされた物まで種類も豊富に選べます。

おめでたい!鯛をモチーフにした物

高級魚の鯛も縁起の良い魚として定番です。

おめでたい!というぐらい、姿形も良く、七福神の恵比寿様が持っている魚という事から、縁起が良いとされています。

最近では鯛をモチーフにした色々なスウィーツがあるので、幅広い世代の方に喜んで頂けます。

愛の橋渡し!夫婦で使える夫婦箸

幸せの架け橋、愛の橋渡し等の表現で使われる箸は縁起の良い物とされています。

普段使いにもご利用頂ける箸は贈り物としても喜ばれます。

お米を使ったギフト

米という文字は八十八という感じの組み合わせで、末広がりで縁起の良い物とされています。

また同じ釜の飯を食べるという事で、新郎新婦とゲストの関係も考えたギフトとして、引き出物に添えるプチギフトに使われる場合が多いようです。

二人の仲も割れない固くて丈夫な、定番の漆器

漆器は古くから、割れない、長持ちする等の意味で、婚礼の引き出物に使われる事が多い引き出物になります。

KOUHAKU かつお節 8A

KOUHAKU かつお節 8A

古くから縁起物として贈られてきたかつお節に、鯛茶漬けとふりかけをセットした詰め合わせギフト。

引き出物にもう1品お考えの方にもうれしいお手頃価格も魅力のひとつです。

定価 864円(税込)

期間限定セール中

MEDE鯛 (鯛めし 2合用)

MEDE鯛 (鯛めし 2合用)

ジューシーな鯛めしを手軽に食べられる、日本ならではの贈り物はゲストに喜ばれます。

結婚式というおめでたい席にふさわしい縁起物の引き菓子です。

定価 1,080円(税込)

期間限定セール中

MEDE鯛 10B

MEDE鯛 10B

縁起の良い紅白の鯛最中にはお味噌汁入り、家族で楽しめる人気の詰め合わせ。

お椀に注いだお湯にぷかぷか浮かぶ愛嬌たっぷりの鯛の最中(お味噌汁)が、食卓に笑顔を届けます。

可愛らしいハート型の海苔入りふりかけはお子様にも喜ばれる1品です。

最中の中には小ねぎやあられ、可愛らしいお麩入りでで、見た目でも味でも楽しめる一品。

定価 1,080円(税込)

期間限定セール中

最近の引き出物トレンド

おすすめのカタログギフトは?

カタログギフトは価格帯で選べるので、贈り易く、貰う方も自分で選べるという事で人気の引き出物になります。

価格帯としては3,000円台、5,000円台、10,000円台というようなコース設定が出来ます。

値段も幅広くあるので、例えば親族には少し高めの物、ゲストには3,000円の物で等の贈り分けにも利用しやすく、お持ち帰り頂く際にもかさ張らず、お好きな物を選んで頂けるのも人気の理由です。

現在では掲載商品の種類も多種多様になり、普段自分で買うには気が引けるけれど、あると便利な調理器具ですとか、お客様の来た時に使いたい食器類等、幅広く掲載されています。

会費制結婚式の引き出物

会費が設定されている結婚式の場合は、ゲストにとって参加しやすいというメリットがあります。

地域によっては会費制の結婚式が一般的な地域も多くあります。

また、近年増えているのも会費制の結婚式です。

会費制の結婚式の引き出物としては、プチギフトや引き菓子をお渡しするのが多いようです。

名前入り引き出物はあり?

一時期多かった名前入りの引き出物ですが、現在は減少傾向にあります。

その理由としては名前の入った食器等ですと、頂いた後に使いづらいといった点が多い為です。

記念にぜひ名前入りの引き出物にしたいという思いがあれば、名前入りでも不都合の無いようなスウィーツ等が良いでしょう。

リゾートウェディングでの引き出物

NGな物は?

海外ウェディングですと遠方への移動になりますので、基本的には重い物やかさばる物は避けるべきです。

渡したいものがどうしても大きくなってしまう場合には、宅配によるお渡しが良いでしょう。

最適な物とは?

帰国されてからお礼状を添えて送るのが良いとされています。

また、結婚式の際の写真も同封すると、当時の風景が思い出され、より良いでしょう。

現地でお渡しされたい場合には、現地の特産品等のプチギフトがおすすめです。

愛の橋渡し!夫婦で使える夫婦箸

幸せの架け橋、愛の橋渡し等の表現で使われる箸は縁起の良い物とされています。

普段使いにもご利用頂ける箸は贈り物としても喜ばれます。

一番は貰う方の気持ちになって嬉しい物を考える

これはとても重要な事で、引き出物を選ぶ際には、つい自分たちの趣味を押し付けてしまいがちになりますよね。

そんな際には貰う方の気持ちになって、選んでいくと喜ばれる引き出物の選択になります。

暮らしの中で便利に使える物や、おいしい物、自分では買わない高価な物等が、貰って嬉しい物になるようです。

その場所でしか手に入らない物、記念になる品、ゲストの思い出に残るような物

せっかくの海外ウェディングなので、その場所でしか手に入らないような物を渡したいというご意見は多くあります。

例えば、ハワイですとオーダーしたアロハシャツやサングラス、ビーチサンダル等。

また引き菓子としてお渡しを考えるのであれば「ホノルルクッキーカンパニー」等の有名クッキーショップではハートのクッキーをオーダーする事も可能です。

このように現地での記念の品となるような物がおすすめです。

まとめ|引き出物、相場、人気、のし、数、宅配

まとめ

いかがでしたか?

引き出物は星の数ほどあれど、本当に喜ばれるような物を選ぶのは難しいといった考えがあったと思いますが、今回の特集で少しでもイメージや、引き出物選びの参考になれば幸いです。

お二人の一生の思い出に残る結婚式にする為にも、来てくださったゲストの方にも良い結婚式だったとも思ってもらえるように、ぜひおすすめの引き出物や、ゲスト目線での引き出物選びにお役立て下さい。

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

カレンダー&お知らせ
  • 今日
  • 電話・出荷 定休日

お気軽にお問い合わせください♪

AM 9:00~AM 12:00
PM 1:00~PM 5:00

TEL : 03-5615-4655

ネットショップからのご注文・メールでのお問い合わせ

年中無休(回答は営業日)

お問い合わせメール

  • ページの先頭へ
  • 会員登録
  • ログイン
  • お気に入り
  • カートを見る
  • ご利用案内
  • Q&A